taiqi 
   
| モットー | 太極拳ライフ事業部 | 組織構成 | 代表の紹介 | 師範の紹介 |
| 認定基準 | 認定試験一覧 | 年会一覧 | 杭州 | 浙江中医学院武術隊 | 北京

「取長補短」(他人の良い点を取り入れて自己の不足を補う)
ことを目的に各門派で行われてきた中国の伝統行事、「年会」

新太極拳の年会はその伝統を受け継ぎ、日頃は各地の教室で練習している
皆が顔を合わせ、各自の成果を披露し、次のステップの励みにします。

百花繚乱といわれ多くの流派や型がある中国の健身拳術です。
年会であなたのお得意をご披露ください。
ご家族、ご友人をお誘いの上、ふるってご参加ください。

年会一覧
NO. 日時・場所 内容

第23回 2018/2/12

ウェステイン都ホテル京都

コスモスホール(西館) 

都ホテルの四季
ご案内

第22回 2017/2/11

ウェステイン都ホテル京都

山城の間(東館) 

都ホテルの四季
西日本は大雪との警報、おまけにネットには鳥取80cmの雪の写真まで出て、
今回ほどお天気にやきもきさせられたことはなかった。

しかし全員定刻前に揃って準備に余念がない姿にLet's Goモードに

新太極拳節目のこの年会を機会に、1年の進歩を実感されたようで 喜ばしい日になった。

来年の年会を楽しみに、飽きず止まらず練習を続けましょう。
ご案内

年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
写真集
第21回 2016/2/11

ウェステイン都ホテル京都

コスモスホール(西館3F) 

今年の年会もいいお天気だ。催し事は天気が良ければ
成功、と言われているように心が晴れる。もちろん雪も歓迎!
「進行は舞台回しだからプログラムを読んでください」
との指示が行きわたり、簡潔な展開だった。
今回の料理は「都ホテルさん、やりますね!!!」、といいたい
ほどぴったりとはまっていて、季節感ある薄味で茶碗蒸しは
絶品だった。珍しく食事の話が出たがそれほど感心した。
ご案内

年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
写真集
第20回 2015/2/11

ウェステイン都ホテル京都

山城の間(東館) 

おっと〜!! 当日の朝になって、インフルエンザの方が3名とそのお母さんで、 5名の方の欠席が出た。数日前には大けがで欠席の方もあり、 20年目の年会を狙ったかのような、アクシデントが続いた。

しかし「陰」の次は「陽」に変わるではないが、前日、中国京冷医療公司の 社長さんご夫妻が出席いただき、20回目の年会が華やかになった。
なぜか社長さんは写真班に回り、中国に実況中継だ。
「来年は私も参加します!」、と中国から即、メールが届いた。

今回の「山城の間」は天井が6mもあって、「棍術」がのびのびと見える。
年会の度に皆さんの成長がみえて嬉しいことだ。

「My きもの」の皆さんの美しいこと。男性の着物姿もいいものだ。
ぜひ、写真集で見てみましょう。

隔年でのDVDはいつものように、東京からカメラの方に来て いただいた。さ〜っ、DVDが楽しみだ。
ご案内

年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
写真集
第19回 2014/2/11

ウェステイン都ホテル京都

コスモスホール(西館3F) 

北山連峰には雪が残り、青空が広がる。陽ざしが明るい。
「今日はいい日だ」・「しなやかによりしなやかに美しく」の唱和が元気だ。
プログラム1番の「長拳基本功」に続き、「長拳一路」、「五歩拳」、と きびきびした長拳が揃った。
プログラム初登場の、「陳式太極拳36式名称」の唱和は、 きれいな中国語講師のリードで大成功だった。
定番の陳式36式のレベルが上がって、どのチームも落ち着いて いいですね。この調子で力を付けていきましょう。

認定試験とは違った空気で、観客の厳しい目に見つめられながらの 表演は、これまた緊張するものだった。
年会の度に成長されている姿を見るのはいいものだ。(しみじみ。。。)

来年は20回目の年会になる。
お友達、お知り合いをお誘いいただいて、愉しいひと時にしましょう。
ご案内

年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
写真集
第18回 2013/2/11

ウェステイン都ホテル京都

コスモスホール(西館3F) 

新太極拳憲章「しなやかによりしなやかに美しく」の唱和で始まった 第18回年会。年会前の練習で、急速にレベルアップした各チームの 表演はいい流れだったり、落ち着きがあったりと期待以上の ものだった。Very Nice !!

認定表彰式では、合格者の背中がすっと伸びていた。

「さくらさくら」の合唱でソフトに終わった今年の年会。
今日はいい日だ!
ご案内

年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
写真集
第17回 2012/2/11

ウェステイン都ホテル京都

愛宕の間(西館2F) 

今年の寒さが一気にほどけたような、春の陽ざしだった。
前半は各教室チームの演武会。1週間前の教室から「おやっ」と言うほど レベルアップしている演武に、頼もしさを感じた。
後半はリラックスムードの中、5名の拳士、2名の師範の表彰式から 始まった。この日が迎えられて本当によかった。おめでとう!
春らしい料理で歓談のあとは、何やら怪し気な「気功師のため息」の
一本締めでお開きとなった。
来年の年会でもおいしいビールの飲むために、明日から練習に励もう。
ご案内
年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
・写真集
第16回 2011/2/11

京都ホテルオークラ
金剛の間 

例年より準備が1カ月遅れたが、担当の方々がその分を十分にカバーして 下さり、気持ちのよいスムーズな運びとなった。
年会が初めての方々が「楽しかった」、と言って下さった一言で成功だ。

サプライズ2011は、「五禽戯」の各動物の動きは太極拳に取り入れられて、 興味深い。「陳式太極拳新架二路 」は年会初の演目で練られた動きに
皆の目が開いたようだ。

定番の「七星気功 」は流れが美しく、練習の積み重ねが見えた。

今年の「剣対練」は、陳式剣の二つの用法が入り4つとなった。
新しい用法が増えていくのが楽しみだ。

6名の新拳士、2名の新師範が誕生し、大きな力を感じた今年の年会だった。

表彰は、新拳士、新師範と、88歳のお祝い、新太極拳20年のお祝い、 教室皆勤の2名の方々と心より拍手を送った。

そしておいしいお料理で幸せは倍増だ。
皆の顔が明るく輝いて「今日はいい日だ!」
ご案内
年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
・写真集
第15回 2010/2/11

京都ホテルオークラ
光舞の間 

年会はこれまでの練習の成果の発表の日であり、新拳士、師範のお披露目の日であり、 今年の始まりでもある、一年中で一番ビッグな日だ。 中国式にいくと、爆竹がバンバン響く日なのだ。

今年の「光舞の間」は昨年より一回り大きく、皆さんの 表演ものびのびとしていた。年々、レベルが上がっていくのが嬉しい。

プログラムは15と昨年より3つ多かったが、チームの 送り出しも進行もスムーズに行ったお陰で、予定より 早く終わり、その分パーティでゆっくり親睦ができた。

後半のパーティは、新拳士の表彰式で始まった。
緊張度100%の認定試験を越えられて、明るい笑顔が素敵だ。

ソースをかけた舌ヒラメ、渦巻き形のステーキなど、 親鮮度100%の素材の良さは、京都ホテルオークラ ならではの料理がおいしい。

最後は、いつもの年会には無い、小田先生からの各教室紹介、 今後の練習プログラムの発表があった。
「陳式太極拳36式と併せて、陳式剣36式を練習項目として、 基本練習も改良していきます。」
小田先生は陳式太極拳36式も陳式剣36式も、自分がず〜っとやりたいと 思っていた事だから気分爽やかだ。(^^;;;
ご案内
年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
・写真集
第14回 2009/2/11

京都ホテルオークラ
 金剛の間
昨年と同じ会場での年会は慣れた場所のため、スタッフを始め皆さんにも余裕が見られた。
大橋リーダーの、「構えて!1、2、」の号令が会場に通り、全員による五歩拳が始まった。
一人一人の一年の成長が見られる。

江口師範と住永さんの息の合った進行で、プログラムが進んでいく。
磯野、木場師範の各チーム送り出しもスムーズで、年会が初めての人も楽しそう。
サウンド初担当の米田、寺田、魚留さんスタッフもばっちりだ。

見とれている間に終った表演の後はパーテイだが、その前に新師範、拳士表彰式 がある。
今年は師範一名、拳士6名が誕生し嬉しい限りだ。
これからの新太極拳を担っていく方々だ。
ピアノ演奏が流れ、すでにリラックスムードに入っている。

谷口拳士の乾杯の音頭の後は、「結婚式みたい!」というおいしい料理に 話が弾む。
技比べに声援を送った後は、大橋拳士のユニークな締めで、第14回 年会は終わった。

夕方から雨になったが、年会の前後は良い天気で、「今日はいい日だ!
ご案内
年会プログラム表紙
表演プログラム
パーティプログラム
・写真集
第13回 2008/2/11

京都ホテルオークラ
 金剛の間

雪が続いていたが、年会当日は暖かな晴れのまさに 年会日和だった。
大安の祝日とあってロビーは結婚式の華やかさに包まれていた。
金剛の間は横に広く使え、天井も剣に十分なスペースがあり、のびのびと動けた。
これだけで気持ちが良い。

「構えて!」、と歯切れの良い号令で始まった、各教室の五歩拳。
新太極拳は陳式太極拳がメインなので陳式太極拳の チームが多いが、チームの個性が出ていいものだ。

詳しくは太極拳教室NO.333(08-2-16)をご覧ください。

1時間半の表演のあとは、第2部のパーティで、拳士・師範の表彰。
そして今年初めて20年表彰がありどちらも喜ばしいこと。
初めて参加の方々が「出てよかったです」
年会経験者が「来年もここがいいです」

年会は新太極拳にとって年輪のような節目であり、毎年 美しい年輪を刻んでいこう。
ご案内
年会プログラム表紙
表演プログラム
・写真集
第12回 2007/2/25

ウェスティン 都ホテル京都
 鳳凰の間
第12回の年会は京都の北山、東山、西山連峰が パノラマのように広がるウェステイン都ホテル「鳳凰の間」だ。

今年はこの見晴らしの良い「鳳凰の間」バルコニーでの 演武が三組あり、懸念していた天気は上々で、先ずはOKの滑り出し。

年会初デビューの大久保教室は初々しく、 短期間に24式をキチンと覚えておられよかったよ〜

1年の積み重ねは大きく、昨年の拳士が立派にリーダーを努められ、 賛助演武を努められているお姿は頼もしい限りだ。

後に続く、新拳士の皆さんの真剣な演武もすでに堂々として、 成長ぶりが嬉しいことだった。

パーティは一変して、リラックスムードで「拉手」の試合に声援と笑い声が飛ぶ。
ご案内
年会プログラム表紙
表演プログラム
・写真集
第11回 2006/2/11

アークホテル京都
 雅・葵の間
10時半開始の年会は、年会当日が初顔合わせのチームもある為、 9時半会場着の指示が回り、ロビーでの練習から熱が入った。
組織委員長 中村秀明の挨拶、代表 小田きく江の開会宣言に続き、 リーダーの号令が響く中、全員での五歩拳で幕が開いた。
旋風脚には大きな拍手が沸き会場が熱くなっていく。

前半、表演の部は12時に終わり、皆の笑顔が明るい。

後半は拳士の表彰式、代表の「しなやかによりしなやかに美しく」
の話の後は、クリスさん「100歳迄太極拳をやろう」の音頭で乾杯!!
ご案内
・プログラム
・写真集
第10回 2005/3/27

ウェスティン
都ホテル京都
鳳凰の間
緑の山並みの中に、平安神宮の朱色の鳥居が 鮮やかに見えた、麗らかな春の日でした。
日頃の練習の成果を見ていただく、又見せていただく 晴れの日の年会では、ことに力が発揮されます。

パーティでは、中国からの祝電のあと、珍しい剣に 武術映画の主人公の気分で楽しみました。
おいしい料理のあとはホテル散策路から南禅寺へGO!
ご案内 ・写真集
・記録
第9回 2004/4/25

大谷ホール
比叡の間

ぱるるプラザ京都
展望ラウンジ
「大文字」
神社仏閣の町京都らしい「大谷ホール」は本願寺さん 系の会館です。
二部のパーティは場所を変えて、 京都の町が一望できる「ぱるるプラザ京都」の8階でした。

新らしい方々が案内作りから、サウンド、司会、チームリーダー の役割を割り当てられました。初めてです、などとは言ってられません。 真剣に役割をこなして下さいました。

チーム紹介のコメントを一つ紹介します。
「五歩拳のときは、孫悟空のような動きを、とヒデ先生は おっしゃいます。そこまでキビキビと動けない私達ですが、 お釈迦様のようなヒデ先生の掌(手)の中で 動き回っているという意味では、孫悟空のような 京都火曜教室です。」
ご案内 写真集
第8回 2003/1/19

ウェスティン
都ホテル京都
鳳凰の間
1年前から予約した「鳳凰の間」での年会です。
日頃の練習の成果を見ていただく、又見せていただく 晴れの場として最高の場です。

遠くからの方々も時間」には到着して、廊下やバルコニーで 準備をしています。緊張感がいいですね。

今回もサウンドリダクトさんに撮影と編集をお願いしました。
表演もさることながら、自分をレンズで通して客観的に 振り向くいい機会です。
ご案内 写真集
第7回 2001/2/11

ウェスティン
都ホテル
愛宕の間
1999年に健康セミナーの声をかけていただいた会場が
「都ホテル」でした。眼下には緑の中に平安神宮の朱色の 鳥居が美しく、ここで年会をしよう、と心に決めました。
セミナーの会場は「鳳凰の間」でした。

表演も栄えて美しく、パーティではおいしいフランス風の 料理に、皆さんの顔が明るく見えました。
ご案内 記録
第6回 1999/10/11

アークホテル
雅・葵の間
やっぱりホテルの方が華やかでいいわ、と アークホテルに場を戻しての年会です。

坂田さんと Jeffさんのコミカルな武術寸劇に会場は爆笑

ストーリは、少林寺拳法師範の坂田さん扮する痴漢と、 Jeffさん扮するお嬢さんの寸劇で、日本に来て6年を過ぎた Jeffさんの「あら、何するのよ」というおんな言葉が、成長を 物語っていました。
ご案内 写真集
第5回 1996/11/23

ウィング京都
「女性の自立と社会参加を応援します」という目的で1994年に
設立された京都ウィングスでの開催でした。

第5回年会のテーマは、「ひとりひとりの顔が見える」です。
毎回のビデオ撮影もプロのカメラマンに来ていただき
ひとりひとりの表演をショートカットで撮影してもらいました。

表演の時の真剣な顔がいいですね。
ご案内 記録
第4回 1995/11/26

大宮
スポーツクラブ
アクス
同じ四条大宮の場所でしたが、すぐお隣のスポーツクラブで 開催されました。オープンしたての高槻教室からは、初々しい 皆さんが長拳の基本功を表演。
若い熱気があふれていました。
ご案内 記録
第3回 1994/3/21

アークホテル
雅・葵の間
新太極拳年会も3回目を迎えます。
皆様ひとりひとり鍛錬された表演の場です。
又、年に一度、他の教室の仲間との親睦の時でもあります。
ご家族、ご友人をお誘いの上、そろってご参加くださいます
ようご案内申し上げます。(大槻 美詠)

賀電
預祝小田太極拳協会第三届年会円満成功
練拳強身・広交朋友・就協会歩々日上
           (黄 沛康)

日本国京中貿易株式会社 小田
獲悉日本第三届太極拳年会於1994年3月21日挙行
我代表中国杭州西冷集団公司表示熱烈地祝賀!
    祝会議円満成功!
    (杭州西冷集団公司 総経理:張 平)
ご案内 記録
第2回 1993/5/3

アークホテル
雅・葵の間
熱烈祝賀
第二届新太極拳年会召開
(中国杭州京冷医療器械有限公司)

表演受付も手馴れてきました。今回も司会は関根さん

当時高校生で身長180cmと背の高い広藤さんの 「棒」は、2.9mの天井を気にしながらの演武でした。 広いところでのびのびと振らせてあげたい、と 今回も来て下さった山内先生のお言葉です。

坂田さんと釼崎さんの力強い対練には皆、 目を丸くして見ていました。
少林拳の師範ですもん。

私は陳式太極拳36式を、テープに録音した 中国音の名称で、超スローで見てもらいました。
演武というより動く教材です。
長岡理容組合のメンバーの48式もありました。
年会の始まりの頃で、慣れない中にも皆、 張り切っていました。
ご案内 記録
第1回 1992/1/15

アークホテル
雅・葵の間
各教室の皆さんが顔を合わせ、日頃の練習の発表の 場をつくろう、と中国の年会を取り入れて開催したのが 年会の始まりでした。

場所は遠くから来られる方も便利なように、阪急電車に 近い四条大宮のアークホテルを選びました。
支配人との打ち合わせも初めてのことで、この頃の一期生、大槻さん以下が こまごまと手はずを整えました。

当日の司会は、落ち着いた声と物腰の関根さん。
大阪から駆けつけてくださいました。

演武する人が少し前に行き過ぎると、見る人に当たり そうな距離で、緊張度が120%まで高まります。

小学校時代の恩師山内先生が、大きな声の山内節で
皆さんを励まして下さり、皆、山内先生ファンになりました。
ご案内 記録