【 第一式 左右開弓 】

更に詳しく読んでみる

腕を回しながら拳をつくって
外労宮(手の甲の真中)を向い合せる。

●左・全体の動き
●右・全体の動き
●(前から)左・全体の動き
●(前から)右・全体の動き
●左・手の動き、外労宮を向かい合わせる
●(前から)左・手の動き、外労宮を向かい合わせる
●左・拳を開く
●左・足の重心
●左から右に180度方向を変える
☆効果とキーポイント

 
1.ひじを回転させることで、心・肺の機能を増強する。
 2.つま先をつけることによって、脾・胃を増強する。
 3.かかとをつけることによって、腎を増強させる。
 4.陰陽両脈(督脈と任脈)に気を巡らせる。
←前へ  次へ(2/7)→

★七星気功一覧表
★七星気功にの創始者


taiqi