【 第三式 捩転乾坤 】

更に詳しく読んでみる

腕、腹の前で両手で支えたボールを回転させる。
つま先を軽く合わす。

●左の全体(前から撮影)
●右の全体(前から撮影)
●左のボールを回す(前から撮影)
●左のボールを回す(横から撮影)
●左の足を回し180°方向変換(前から撮影)
●左の足を回し戻る。横に倒す(前から撮影)
●右のボールを回す(前から撮影)
●右のボールを回す(横から撮影)
●右手が上のボールを抱えて180°方向変換(前から撮影)
●左に体をねじる(前から撮影)
●左に体をねじる(後ろから撮影)
●右に体を倒す(後ろから撮影)

ぞうきんみたいにねじる

☆効果とキーポイント  3式は帯脈に注意を向ける

◎帯脈を巡回させるので、生理痛に効果有り
◎脇をねじることで、肝、胆の流れをよくする
◎肝の疏泄機能を高める
←前へ  次へ(4/7)→

★七星気功一覧表
★七星気功の創始者